kiricub

カメラやレンズのお話

Fijifilm X-T20 XF27mm F2.8

なんでX-20

 元々は、マイクロフォーサーズシステムをメインにしようとして、ペンタックスのシステムから移行した。ただ、オールドレンズについてはやはり画角が2倍というのがネックだった。そこで、SONY NEX-5Rを買ってみたが、結局A7iiも買ってしまった。

 そうなると、NEX-5Rの出番が減ってしまう。NEX-5Rはファインダーも無く、中古だったので標準のフラッシュも無かった。また、晴天の野外では液晶も見えず、撮影する気もしなくなる。しかし、小さなレンズにA7iiは大袈裟だ。

 そこで、A7iiより小さなAPS機をなんとなく意識しだす。この辺りが機材オタ。

 当初はCanon Kiss Mがいいなと思った。ファインダーあり、フラッシュ内臓、そしてバリアングル液晶モニター。アダプターでEFレンズも使え、持っているFDレンズも純正気分になれる。中古で5~6万円する。「いい出会いがあればなあ。」という感じだった。

 しかし世の中はコロナ禍。インスタに投稿している散歩写真も撮りにいけない。ハードディスクから昔の写真を検索する日々。その中にはフィルムで撮影した懐かしい画像。ハーフサイズカメラを集めた時期のものもある。しかし、今更のフィルム環境。1本100円で買えたフィルムは信じられないほど値上がりし、5本パック品も売られていない。フィルム撮影を楽しむのは、相当の可処分所得が必要な趣味となってしまった。

 フィルムシミュレーション 前から耳にはしていた。しかし、マウントを増やすのは・・・。Canonだって一緒じゃないか。そんな時、近所のキタムラにXマウントのパンケーキレンズが入った。(もちろん中古品)パンケーキレンズはごちそうなのでパクっと食いついた。この時点ではバリアングルモニターのX-T200がターゲット。しかし、発売直後で結構いいお値段。うーん。信頼のマップカメラ中古を眺めるとこのX-T20が4万円代半ばの値段で出ていた。調べてみるとオートフォーカスが弱いらしいが、マニュアルレンズを使う分には最新型と違いはない。エテルナとかいうのがもてはやされているが、そのために倍以上の金額を払うつもりにもなれない。バリアングルモニターではないが、ファインダー、フラッシュ内臓。前置きが長く長くなりましたが、そういう訳です。

f:id:kiricub:20200525105005j:plain

背後にはアマゾン欲しいものリスト

 追加中のX-T20関連は別記事にします。