kiricub

カメラやレンズのお話

TAMRON 28-75mm F2.8 Di III RXD

f:id:kiricub:20200703160337j:plain

TAMRON 28-75mm F2.8 Di III RXD & SONY A7ii

 オールドレンズ用に買ったA7iiですが、1本ぐらいオートフォーカスレンズ、しかもフルサイズ用が欲しいと思いこのレンズを買いました。当初候補としたのは純正SONY FE50mmF1.8、シグマ45mmF2.8でしたが、単焦点オートフォーカスと言えどもオールドレンズと被ると思いズームで考えるとこのレンズ一択でした。フルサイズ用のズームレンズで明るいF2.8通しであること。その割には小型軽量であること?。そもそもGMレンズなんて手の届かない価格で、このレンズならなんとかギリギリAPS-CNEX-5Rとレンズを下取りに出して買えそうだったからです。

 単焦点レンズでは、広角や中望遠を買い足したくなりそうで、最初の1本だけから増えてしまっては本末転倒です。特に純正の50mmは85mmも揃えたくなりそうでした。

 また、現在TOKINA1本、SIGMA1本、Voigtlander1本とサードパーティのレンズを持っていて、地元に工場を持っているタムロンのレンズは持っていなかったので1本ぐらい持っていたかったのもあります。

 このレンズはというかタムロンのシリーズは普通のレンズとズームリング、フォーカスリングの前後が逆になっています。回転方向が逆になっているレンズはこれまでもありましたが、この辺は各社統一してほしいと思います。

 デザインは特に高級感を感じるものではないと思いますが、同時に安っぽさもありません。マットな仕上がりでプラスチック感を打ち消しているのでしょうか。簡易的な防滴構造はSONY A7iiに対してオーバースペックにならずに安心感があります。外で使うものなので簡易的とはいえそういう状況が考慮されているのはポイントです。まあ、濡れそうなときはオリンパスを持ち出しますが。

 フルサイズ用としては小型軽量と言われるこのレンズですが、オリンパスの12-40mmPROと比べると一回り以上大きく、フォーマットの違いを意識させてくれます。ただ、持ち歩けないサイズかと言われるとまあ、なんとかなるサイズかなと思っています。SONYのA7iiがフルサイズにしては小さなボディなので、バランスはいいと思います。

 ボケに関してはフルサイズならではの立体感を感じさせてくれます。いつもよりも大きなレンズを持ち歩く甲斐がある写りはしてくれると思います。描写はニュートラルで特に癖もないように感じます。いかにも現代的な写りでオールドレンズとは違い高画質なレンズだと思います。まあ、現代的な描写の基準を知って、オールドレンズの個性を楽しむために1本持っておくレンズとして満足しています。さらに高額なレンズもありますが、私の目的には十分応えてくれるレンズです。

f:id:kiricub:20200703164830j:plain

f:id:kiricub:20200703164844j:plain

f:id:kiricub:20200703164854j:plain

f:id:kiricub:20200703164909j:plain