kiricub

カメラやレンズや好きなモノ

ZUIKO MC AUTO-MACRO 50mm F3.5

f:id:kiricub:20210510111149j:plain

ZUIKO MC AUTO-MACRO 50mm F3.5

 マクロレンズの事を記事にして、このレンズを記事にしていないことに気付きました。

 このレンズも一度手放して再度入手しました。初めに手に入れたのは2010年の11月のようです。その後、OM-1nと一緒に一旦処分してしまいました。昨年たまたま格安のOMレンズを手に入れ、マウントアダプターも再度入手したことからヤフオクでOMレンズをウォッチしていて落札してしまいました。割とよく出回っているレンズなので、入手性はいい方だと思います。

f:id:kiricub:20210510111303j:plain

ZUIKO MC AUTO-MACRO 50mm F3.5

 上の写真は10.年前に入手した個体。

f:id:kiricub:20210510113030j:plain

ZUIKO MC AUTO-MACRO 50mm F3.5

 6千円にしては、いいレンズが手に入ったと思います。

f:id:kiricub:20210510111351j:plain

ZUIKO MC AUTO-MACRO 50mm F3.5

 今回は専用ケース付きでした。純正のマウントアダプターはディスコンのようです。今から思うと少し惜しい気がします。当時は中国製のアダプターは少なく、価格もあまり安くありませんでした。その割に外せなくなるトラブルの話が結構あって、純正を買いました。

 

 古い本によると抜群の解像力を誇る軽量コンパクトな標準マクロで、描写力は秀逸でF2とはまた違った存在感があるそうです。F2の方は滅多に見かけることは無く、あっても程度のいいものはビックリするほどの値段で取引されています。

 この時代の標準マクロレンズはほとんどがハーフマクロだったようです。このレンズも最大撮影倍率が0.5倍です。そこで、接写リングの代わりにヘリコイドアダプターを付けてみました。

f:id:kiricub:20210510112843j:plain

ZUIKO MC AUTO-MACRO 50mm F3.5

f:id:kiricub:20210510112902j:plain

ZUIKO MC AUTO-MACRO 50mm F3.5

 レンズだけでもこのくらい伸びます。

f:id:kiricub:20210510112922j:plain

ZUIKO MC AUTO-MACRO 50mm F3.5

 ヘリコイドアダプターを繰り出すことで、どの程度倍率が上がっているか不明ですが、マイクロフォーサーズなら黙って2倍、実質等倍ですので相当大きく撮れそうです。

f:id:kiricub:20210510114620j:plain

f:id:kiricub:20210510114633j:plain

f:id:kiricub:20210510114645j:plain

f:id:kiricub:20210510114656j:plain

 上の写真が何倍なのかは不明ですが、これ以上寄る必要がないと思えるくらいには寄れます。これ以上は腕、手持ちの限界かとも思います。三脚に据えて撮るのが基本なのでしょうが、お気軽に撮影したいのでこんなものかと思います。

  決して使いやすい訳ではありませんが、接写リングを付けはずしする手間はありません。遊びとしてはいいのではないでしょうか。

 






 

M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 再び

f:id:kiricub:20210509155246j:plain

M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro & PEN-F

 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro を買い戻しました。3月に手放したレンズですが、キタムラの中古棚に残っていました。正真正銘同じレンズです。E-M5を手放す際に組み合わせて使っていたこのレンズも一緒に下取りに出してしまったのでした。

f:id:kiricub:20210509155429j:plain

M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro & PEN-F

 フジのXシステムでは現在等倍のマクロレンズは80mmだけです。しかしこのレンズはとても重く、高価です。オールドレンズでも90mmのタムロンなどは結構いい値段ですし、程度の良いものは少なく希少になっています。主に公園で花の撮影をすることが多い最近のことを考えると、やっぱりこの画角のマクロレンズは一本持っておきたいところです。

 近所のハードオフにずっと在庫で残っているフォーサーズの50mmF2のマクロレンズも考えましたが、アダプターを買わなければならず、価格的にメリットは無さそうです。PEN-Fとの組み合わせでオートフォーカスがどの程度使えるかも不安があります。

 換算120mm。と考えてみると、手放したこのレンズに思い至りました。

f:id:kiricub:20210509155530j:plain

M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro & PEN-F

 マイクロフォーサーズの弱点であるボケ辛いことは、被写界深度が深いというメリットとも言えます。フルサイズで2段絞って使うなら、2段速いシャッタースピードが使えます。

 そして圧倒的に小さなサイズと重量で収まってしまいます。持ち出す気軽さは比べようもないと思います。

 もう一度XF80と比べると、換算の焦点距離は120mmで同じ。F値も共に2.8。手振れ補正は付いていませんが、ボディ側で対応。防塵防滴対応も一緒です。重さはXF80が750gに対して僅か185gしかありません。最大径、全長も全く話にならない程、差があります。フードは40150proと同じように逆付けする必要は無く、スライド式のギミック付きです。

 使用頻度が実はとても少ないM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8を身代わりに、お店で受け取ったその足で撮ってきた写真を載せてみます。

 

f:id:kiricub:20210509155709j:plain

f:id:kiricub:20210509155721j:plain

f:id:kiricub:20210509155733j:plain

f:id:kiricub:20210509155744j:plain

 フジのXF80との画質の差がどの程度かは比べてみたことがないので何とも言えませんが、趣味でお気軽写真を撮っている上では不満はありません。

 オリンパスは伝統的にマクロ撮影に対して思い入れが強いメーカーだと思います。コンパクトデジタルカメラのTG-6も、マクロ撮影用に欠かせない1台です。

 結局、マクロに関してはマイクロフォーサーズをしばらくは使って行くことで落ち着きました。

f:id:kiricub:20210509160447j:plain

 左から30mmF3.5は等倍を超える1.25倍です。最近のブログ機材写真はこのレンズで撮影しています。60mmは等倍マクロ。そしてケンコーミラーレンズは300mmで0.8mまで寄れて0.5倍のハーフサイズマクロです。以前にも記事にしましたが、このレンズはマイクロフォーサーズシステムでしか世の中に出ていない電子接点付きのミラーレンズです。フォーカスはマニュアルですがその独特のリングボケは他のレンズでは代用できません。そしてこのコンパクトなサイズです。

 

kiricub.hateblo.jp

 

kiricub.hateblo.jp

 

 この他にもマイクロフォーサーズではパナライカの45mmも気になる所ですが、マクロレンズでそこまで焦点距離別に刻む必要もないと思うようにしています。

 

 

 





 

 

XF35mmF1.4 R

f:id:kiricub:20210506194638j:plain

XF35mmF1.4 R & X-E4

 現在所有するXF単焦点レンズは、このレンズを含め計4本です。

 

kiricub.hateblo.jp

 

kiricub.hateblo.jp

 

kiricub.hateblo.jp

 

 27、35、60、90mmというラインナップにズームは2本。その内1本はXCレンズです。

 

kiricub.hateblo.jp

 

kiricub.hateblo.jp

 

  マイクロフォーサーズからの移行で、紆余曲折しましたが大体揃った感じです。

 フジで35mmはこのレンズの他にXF35mmF2、XC35mmF2がラインナップされています。当初はXC35mmF2を考えていたのですが、例によって最短撮影距離が気になり比べてみるとこのXF35mmF1.4だけが28cmで、F2の方はどちらも35cmでした。やはり少しでも寄れるレンズということで、このレンズを選びました。

f:id:kiricub:20210506200133j:plain

XF35mmF1.4 R & X-E4

 ネットの評判では画質は評価されつつも、全群繰り出し式でAFに難ありとされているようです。確かにAFはうるさいタイプですが、速度は自分にとっては十分でした。

 部屋の中ではAFの音は気になりますが、外では撮ることに気を取られているので、あまり気になる事もありません。

f:id:kiricub:20210506200225j:plain

XF35mmF1.4 R & X-E4

 X-E4との組み合わせも問題ありません。見た目より軽量(187g)なので、素のX-E4でも持ち辛さは感じませんでした。

 画質は初めて撮影して、背面液晶で表示させた瞬間に気に入りました。表現が下手なのですが、立体感を感じました。また、フォクトレンダーのノクトンに似た雰囲気を写すレンズだと思いました。

f:id:kiricub:20210506201135j:plain

f:id:kiricub:20210506201156j:plain

f:id:kiricub:20210506201217j:plain

f:id:kiricub:20210506201239j:plain

f:id:kiricub:20210506201300j:plain

f:id:kiricub:20210506201324j:plain

f:id:kiricub:20210506201343j:plain

f:id:kiricub:20210506201406j:plain

 やはり、F1.4の単焦点レンズはボケます。そして絞りのコントロールに絞りリングは便利です。

 

 

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR

f:id:kiricub:20210503122137j:plain

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR

 XC50-230からの買い替えです。他にもう一本を下取りに出して手に入れました。XC50-230は価格の割にはよく写ってくれました。

 

kiricub.hateblo.jp

  何故買い替えたかと言えば、あまり使っていないTAMRON28-75(Eマウント)を下取りに出す気になったからです。

 XF70-300の魅力的だった点は、第一に寄れること。僕がレンズを選ぶ際にもっとも重視している点です。XCが最短撮影距離1.1mに対してズーム全域0.83mで最大撮影倍率は0.33倍にも及びます。

 第二に換算457mmまであれば、自分の撮影範囲を十分カバーできることです。

f:id:kiricub:20210503122857j:plain

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR & X-S10

 レンズの重さは580g。XF90mmF2が540gでほぼ同じ重さだったので、X-S10に付けて持ち歩いてもバランスの心配はありませんでした。実際に持ってみると、以前所有していたマイクロフォーサーズOLYMPUS 40-150proよりも200gほど軽く、寄れることもあり、もてあますことはないと思います。

f:id:kiricub:20210503123408j:plain

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR & X-S10

 XCのようなチープな感じはありませんが、OLYMPUS のPROレンズほどの高級感もありません。フォーカスリングを手前に引くとマニュアルフォーカスに切り替えることができたり、フードも逆付けせず、捻ってそのまま収納出来たり等の機能はありません。ただベースプレートを付けたX-S10とはいいバランスだと思います。

f:id:kiricub:20210503123537j:plain

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR & X-S10

 インナーズームではないので、伸びるのはいたしかたありません。動き物を撮ることはありませんが、オートフォーカスも静かで速さに不満はありません。

f:id:kiricub:20210503124612j:plain

70mm

f:id:kiricub:20210503124635j:plain

123mm

f:id:kiricub:20210503124651j:plain

300mm

 寄れることはこのレンズの長所です。そして寄った際のボケも綺麗で問題ないと思います。

f:id:kiricub:20210503124901j:plain

f:id:kiricub:20210503124912j:plain

f:id:kiricub:20210503124923j:plain

f:id:kiricub:20210503124934j:plain

f:id:kiricub:20210503124946j:plain

f:id:kiricub:20210503124958j:plain

 初めに70-300、F4-5.6というスペックにしては値段が高いと感じました。フィルム時代からよくある望遠レンズのスペックだったからです。TamronのEマウント用70-300はこれより安いのですが、少し暗いようです。また、最短撮影距離はワイド端こそ0.8mですが、テレ端は1.5mになってしまいます。このレンズのテレ端0.83mは実際に撮影してみるととても価値がある事だと思います。

 

 

 

PENTAX-110 24mm F2.8

f:id:kiricub:20210430102906j:plain

PENTAX-110 24mm F2.8 & X-E4

 PENTAX auto110の標準レンズである24mmです。他に所有している3本のレンズは既に記事にしました。

 

kiricub.hateblo.jp

 

 

kiricub.hateblo.jp

 

 

kiricub.hateblo.jp

  3本ともX-T20と組み合わせていました。110フィルムのイメージサークルからするとマイクロフォーサーズが一番近く、今回の24mmなら48mm相当になる所ですが、APS-Cだと36mmくらいになるようです。

f:id:kiricub:20210430104035j:plain

PENTAX-110 24mm F2.8 & X-E4

 auto110レンズの中でも最も小さなレンズになります。フィルター径は25.5mmです。レンズに絞り機構はありませんので、F2.8固定となっています。以前は絞りを組み込むことも考えましたが、GIZMONのレンズ等、F8やそれ以上の絞り固定のレンズもあり、少し暗い状況専用にすることにしました。

f:id:kiricub:20210430104557j:plain

PENTAX-110 24mm F2.8 & X-E4

 フードは標準でゴムフードが指定されていますが、オリジナルは経年劣化が心配な上、結構な価格で取引されており、僕はAmazonでUNのものを購入しました。

f:id:kiricub:20210430104758j:plain

PENTAX-110 24mm F2.8 & X-E4

 レンズより大きなフードになってしまいました。しかし、フィルター径が特殊なのかあまり選択肢は無いようです。これはこれでいいかなとも思っています。

f:id:kiricub:20210430104932j:plain

f:id:kiricub:20210430104943j:plain

f:id:kiricub:20210430104955j:plain

f:id:kiricub:20210430105008j:plain

f:id:kiricub:20210430105023j:plain

f:id:kiricub:20210430105036j:plain

f:id:kiricub:20210430105049j:plain

f:id:kiricub:20210430105101j:plain

f:id:kiricub:20210430105112j:plain

 写りはいかがでしょうか。当然全て絞り開放です。最短撮影距離が35cmと36mm相当としては今一歩寄れません。マイクロフォーサーズで標準50mm程度ならもう少し被写体を大きく写せるのですが。

 周辺減光もあまり目立たないと思います。ただ、ボケが結構独特な感じがします。このくらいの曇り空であれば、F2.8でもシャッタースピードが足りなくなることもありませんでした。

 FUJIFILMのXシリーズのいい所で、メカシャッターから電子シャッターへ自動的に切り替えてくれる設定があります。SONYにもOLYMPUS にも電子シャッターは装備されているのですが、メニューから切り替える必要があります。これがF2.8固定のPENTAX-110 レンズをFUJIFILM Xシリーズで使っている理由の一つでもあります。

 PENTAX-110 レンズはオークションでも結構流通していますので、入手しやすいオールドレンズだと思います。