kiricub

カメラやレンズや好きなモノ

Fujifilm X-S10 について

f:id:kiricub:20201019203722p:plain

https://fujifilm-x.com/ja-jp/products/cameras/x-s10/

 11月に発売されるFUJIFILMのX-S10が気になり始めています。今年X-T20を買ったばかりですが約半年使ってみて気になることもあって買い替えを検討してみようという気になっています。

X-T20と比べてX-S10に替えた際のメリット

1.ボディ内手振れ補正
 まずはこれが一番です。併用しているカメラには全て手振れ補正が入っています。XF27を使っているときは気になりませんでしたが、XF60を使うと帰ってきてアレっと思う写真が結構あります。普段どれだけ助けられていたかと思います。

2.バリアングル液晶
 縦位置のローアングルやウエストレベルに構えて撮る際にはティルトでは対応できません。SONY A7iiもですが、オリンパスの2台がバリアングル液晶なこともありどちらかと言えばバリアングル液晶派です。

3.18種類のフィルムシミュレーション
 エテルナやクラシックネガなどX-T20には搭載されていないフィルムシミュレーションが使えることも魅力です。

4.キットレンズの15-45
 中古でキットレンズ崩れの15-45を狙っていましたが、今回採用されているので、安価に入手できるのではないでしょうか。

5.細かい話
 ・シャッターボタンがしっくりこない。X-T20のシャッターボタンはネジが切ってあり、機械式のレリーズがつけられるようになっています。その為か半押しのストロークが長く、思った通りに操作できずイラっとすることがありました。X-S10は写真を見ると一般的なシャッターボタンなので、半押しの感じが自分にあっていればいいなと思います。発売されたら実機で確認したいところです。

 ・X-T20用に買った予備バッテリーがそのまま使える。一般的にはX-T4用の大きなバッテリーの方が歓迎されるのでしょうが、個人的には共通なのは歓迎です。

 ・EXIFにオールドレンズ名を記録できる? X-T4はマウントアダプター設定でレンズ名を記録できるようになっていたと思います。同じセンサー、エンジンなら記録できる可能性があるのでは?これはまだ、取説PDFが公開されていないのでなんとも言えないところです。

X-T20と比べてX-S10に替えた際のデメリット

1.大きく重くなる。
 手振れ補正、グリップと相殺なので仕方ないのしょうが、X-T20のサイズ、スタイルが気に入っていたので残念です。

2.操作性が変わる。
 リアダイアルは押し込むと拡大表示でそのままダイアルで倍率変更もできるところがオールドレンズ使用時には便利でしたが、X-S10のリアダイアルは天面で押し込む操作は出来なさそうです。また、ボディ前面に合ったAFMF切り替えも無くなっているようです。自分の使用スタイルに合わせられるかが不安です。

 

 まだ、価格もちゃんとアナウンスされていないし、そもそも買えるのかという問題が大きく立ちはだかっていますが、注目したいカメラです。A7Siiiはどう考えても無理なのでしばらくは楽しく悩んでみたいと思います。

※10/20予約開始されたようです。いずれも税込みボディ単体118,000円、15-45キットレンズ付き127,900円のようです。キットレンズは9,900円ということで、中古よりお得ですね。

 

  アマゾンはキタムラ、マップカメラより少しだけ高いですね。